リッカのべーさん

浮気調査山口
プロの探偵に浮気調査を依頼して浮気の証拠を掴んだところで離婚をしないという選択肢もあります。ご夫婦に子供がいる場合ですと特に旦那、妻の浮気が発覚したからといって離婚などそう簡単にすることなどできません。請求することのできる養育費も少額な事が多いですし、毎月きちんと支払われる保証もありませんから、女手一つで子育てをするのはそう簡単なことではありません。男手一つで育てることも、また同様に仕事を両立させることは簡単では無いでしょう。探偵事務所で配偶者を調査してもらったところ浮気が見つかったならば、離婚するかしないか迷って決められないですよね。それを避けるために、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、あれこれ考えを巡らせておくべきです。法律上、夫婦間に不貞があってはいけないわけですから、慰謝料を支払うよう配偶者とその不倫相手に求め、離婚という別れを選択するのも一つの方法です。成功報酬の場合、気を付けるべきなのは、もし、浮気調査の依頼したとすると、その際の調査期間が3日間だったとするとその3日の間だけは浮気がなかったとすれば調査は成功となってしまうのです。本当は浮気をしているという場合でも、3日の間に浮気が発覚しなければ、配偶者の浮気の有無をはっきりさせることができないまま、専門的な調査は完了となり、成功報酬を請求されるのです。探偵に浮気の調査を要請して、疑いようもない明確な証拠が手に入れば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。不信感を抱いてしまった相手と死ぬまで一緒にいるとなるとそのストレスはかなりのものになりますから、慰謝料を請求し、離婚する決断もありでしょう。あと、配偶者の不倫の相手に慰謝料の支払いが課せられれば間違いなく別れさせられるはずです。浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、多くの場合は3~4日間です。とはいっても、これはあくまで平均がそれぐらいだという話です。浮気の証拠をなかなか残さないタイプのパートナーだと、3~4日では終わらず1週間から1カ月以上かかってしまうことがあります。逆に、浮気する可能性の高い日が特定済みの場合は、1日だけで浮気調査が終わってしまうこともあります。GPS端末は、車の使用者に見つからないようなところに取り付けておいて、移動の履歴をリアルタイムに監視し続け、今いる場所をモニターしたり、時間のある時に、データを取り出して調べたりします。車より、徒歩、自転車、公共交通機関などを使う事の多い人なら、身の回り品にGPS端末を忍ばせる、という方法もあります。これで相手がどこをどう移動して、そこにどのくらいいたのかもわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です